「認め印」は全廃へ

政府が進めている行政手続きの押印廃止で、河野規制改革担当大臣は、およそ1万5000種類の手続きのうち、いわゆる「認め印」はすべて廃止される見通しになったとしたうえで、今後は、手続きのオンライン化を進めていく考えを示したことが報じられました。

河野規制改革担当大臣は、閣議のあと記者団に対し、およそ1万5000種類ある行政手続きで求められる押印のうち、印鑑登録などが必要な83の手続きを除いて廃止される方向となり、いわゆる「認め印」はすべて廃止される見通しになったと明らかにしました。

そのうえで「国の手続きの検討は一段落したので、押印を廃止するための法案を、来年の通常国会に出すよう準備をしたい」と述べ、押印の廃止に必要な法案の提出に向けた作業を急ぐ考えを示しました。