「店内飲食」か「持ち帰り」で税率が変わる中、松屋は価格統一で検討

消費税率の引き上げで、「店内飲食」か「持ち帰り」かで税率が変わることについて、大手牛丼チェーンの「松屋」は、客の混乱を避けたいとして、税込み価格を統一する方向で検討していることが報じられました。

 

一方、「吉野家」は税込み価格を別々にする方針で、牛丼チェーンによって対応が分かれる見通しになりました。

消費税率の10%への引き上げに伴って、持ち帰り用の食品には税率を8%に据え置く軽減税率が導入され、「店内飲食」か「持ち帰り」かで税率が変わりますが、松屋では、客の混乱を避けるため、税込み価格を一方に統一する方向で検討を進めているということです。
どちらの税込み価格に統一するかは、消費者の反応も見極めながら慎重に決めたいとしています。