「就活ルール」指針廃止、今日決定 

就職活動のルールいわゆる「就活ルール」をめぐって、経団連は今日、企業の採用活動の解禁時期などを定めた指針を2021年春の入社分から策定しないことを正式に決める方針です。

 

いわゆる「就活ルール」をめぐっては、昭和28年に経済界が当時の文部省や大学側と申し合わせたのをきっかけに60年余りにわたって何らかの形で示されてきました。

 

経団連の決定を受けて今のルールはなくなりますが、経済界や大学側には、中小企業の採用面や学生への影響を最小限にとどめるべきだという意見もあります。

 

このため、新たなルール作りに向けて政府が経団連や大学の関係者も交えた協議会を設置することにしていて、採用面接の解禁時期を大学4年の6月以降などとする現在の日程の大枠を当面は維持する方向で議論が進むものと見られます。